マルチコプター: FPVレースの世界

マルチコプターによる FPVレースに興味をもった tiger22が、個人的にFPVとFPVレースに関連する情報を集めて蓄積するためのブログです。玉石混淆、できるだけ多くの情報を集めたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安価なフル FPV システム_4

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1571512&page=2

---------------

Jan 12, 2012, 03:52 AM
gundamnitpeteさん:

簡単に言えば、FPVはクアッドより 10倍複雑で、2倍はむずかしいです。プロペラは回転すれば常に揚力を発生しますが、2.4Ghzはいつも動いているわけではありません。他の周波数も同じです。

5.8Ghzでもフールプルーフではありません。それはポイントからポイントへデータを伝送するだけです。普通に飛ばすには問題ないですが、シカゴのダウンタウンでは 200~300フィート飛ばすのにさえ苦労しています。

加えて、どこで飛ばすの、どんな計画なの、等々の質問。しかし、この質問には少なくとも 6万回は回答がされています。

ベストの RTFパッケージは、readymaderc.comの readymade systemsか、hobbykingの predator RTF 5.8ghzです。情報やレビューがたくさんあります。

しかし、簡単に言えば、みなさんが読みたがらない時に我々がいつも怒る理由は、情報がそこにあるからです。そこにある情報をみなさんに伝えるために、我々の時間が費やされます。何も得るものはありません。ビギナーの質問に回答してくれる常連はここにたくさんいますが、FPVの基本的問題はその質問を避けられないことです。



Jan 13, 2012, 09:01 AM
Rratedさん:

安物で始めるのはダメ! シンプルに始めて下さい!



Jan 13, 2012, 04:53 PM
whakahereさん:

5.8ghzは、ビギナーにとって、安くて素晴らしい FPV機器だと思います。すべての人が言っているように、最初の機体は「シンプルにせよ("keep it simple")」です。5.8ghzの最大の弱点はレンジ(電波到達距離)です。

レンジが短いので、飛行範囲が制限されます。CPアンテナは画像がゆっくりフェードし、距離が 1~ 2キロ伸びます。CPアンテナは、リニアのように画像が突然落ちないので、安全に学習できます。作るのはむずかしくありません。
レンジが短いので OSDは必要ありません。周りを見渡せば状況がわかります。

---------------


あと少し論争が続きますが、このスレッドはここで終了させていただきます。(^_^)






[ 2015/03/04 19:00 ] FPVシステム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon おすすめ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」管理人の tiger22です。メインブログは「艦船プラモと...」の方で、こちらは親ブログからスピンアウトした、最先端の小さくてマニアックな世界を対象にしています。
同じマルチコプターでも、空撮大好き派の方のお口には合わないと思います。(^_^)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。