マルチコプター: FPVレースの世界

マルチコプターによる FPVレースに興味をもった tiger22が、個人的にFPVとFPVレースに関連する情報を集めて蓄積するためのブログです。玉石混淆、できるだけ多くの情報を集めたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雨の日は、こっそり「おうち FPV」(笑)

電波法と航空法の規制、ドローンに対する社会のマイナスイメージなど、FPV を取り巻く環境はけっして良いとは言えません。

で、善良な市民の1人である私は考えました。法律や他人からとやかく言われずに、FPV を楽しむ方法はないものでしょうか? 

ヒントは、他人の目に触れなければ、それは「存在しない」ということです。誰も知らないところで、自分1人だけで FPVをやれば、それは他人からは「やっていない」と同じことになります。不適切な比喩かもしれませんが、1人でこっそり裏ビデオを楽しむようなものです。(笑)

当然、カメラやビデオで現場を撮影して証拠を残すなんて、バカなことはやってはいけません。ましてや、SNS やブログで自白するなんてあり得ないですね。
だけど、世の中には、な~んも考えないでやっちゃう「困ったちゃん」が、たまにいるんですね。ホント不思議。(笑)


というわけで、誰もが思いつくのがインドア FPV、つまり室内での FPV です。インドアと言っても、体育館などの公共の場所はダメです。仮に飛ばす時は1人だとしても、飛行許可をとる時に他人と接触する必要があります。仲間といっしょももちろんダメ。

自分の家が一番安全ですね。唯一の問題は日本の家屋事情ですが、狭い部屋でも安全かつ快適に飛ばすことのできるクアッドがあれば、この問題は解決します。

今時のご家庭では普段からバリバリと 5GHz帯の WiFi 電波が飛んでいますから、そこに低出力の違法電波が多少混入してもまず誰にもわからないでしょう。 電波は目には見えません。 室内ですから、当然航空法の規制は受けません。

ただし、自分以外の誰もいない屋内でなければなりません。誰かの目に触れた瞬間に「電波法違反」となると思っていた方が良いです。就職前の学生さんや仕事を持っている社会人の方は、たった1人で「こっそり」マル秘で楽しむべきなのです。これはハードな? 男のホビーなんですから。

私はこれを「おうち FPV」と名付けました。(笑)

(ビデオ)Dining Room Antics
https://www.youtube.com/watch?v=aTIc9pyI6Gw



次に「おうち FPV」に必要なハードウェアを考えてみましょう。
男がこっそり楽しむ趣味ですから、いくらなんでも違法トイクアッドでは手軽すぎておもしろくありません。オモチャの FPV クアッドに、オモチャの送信機は悲し過ぎます。


ここはすべてホビー用でキメましょう。必要なものは次の4つになります。

 ① 飛行性能の良い、小さな室内用のホビーレベル・クアッド
 ② 小さくて軽い 5.8GHz FPVシステム(カメラ、ビデオ送信機)
 ③ 5.8GHz FPV ゴーグル とビデオ受信機
 ④ 操縦用の2.4GHz送信機

2.4GHz送信機は、使用するクアッドによって決まってきます。さて、何を買えばよいでしょうか。

みなさんも考えてみて下さい。この思考実験は楽しいですよ~。

それに、考えるだけなら「電波法違反」にはなりませんから。(*^_^*)






[ 2016/06/05 12:50 ] FPVシステム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon おすすめ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」管理人の tiger22です。メインブログは「艦船プラモと...」の方で、こちらは親ブログからスピンアウトした、最先端の小さくてマニアックな世界を対象にしています。
同じマルチコプターでも、空撮大好き派の方のお口には合わないと思います。(^_^)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。