マルチコプター: FPVレースの世界

マルチコプターによる FPVレースに興味をもった tiger22が、個人的にFPVとFPVレースに関連する情報を集めて蓄積するためのブログです。玉石混淆、できるだけ多くの情報を集めたいと思っています。

Eachine VR D2 Pro: SeByDocKyさんのレビュー _1

SeByDocKyさんの Eachine VR D2 Pro のレビューを、適当に省略しつつ、翻訳してみたいと思います。写真は一部だけ掲載します。下のリンクから直接ご覧下さい。

http://www.drone-maniac.com/test-eachine-vr-d2-pro-5-800x640-osd-diversity-40ch-builtin-dvr/


---------------

TEST: Eachine VR-D2 Pro (5″ 800×640, OSD, diversity 40CH, builtin DVR)

May 22, 2017
By SeByDocKy

170603_1 Eachine VR D2 Pro


INTRODUCTION(はじめに)

Eachine VR-D2 Pro は、旧 Eachine VR-D2 の改訂版になります。旧型同様に、5インチのディスプレイ(800×480)と、40CH 5.8G ダイバーシティ受信機および DVR(ビデオレコーダー)を内蔵しています。VR-D2 Pro の改善点は、液晶ディスプレイ上で高度な設定が可能になり、ディスプレイに OSD 情報が表示でき、内蔵の DVR(ビデオレコーダー)がアップグレードされたことです。さらに重要なのは、旧型で問題になった画面のフリーズが、VR-D2 Pro で解決されたかどうかです。さっそく調べてみましょう。



OVERVIEW(概 要)

外観は旧型(Eachine VR-D2)とほとんど同じです。実際には、前面のステッカーが新しいだけで、ゴーグルは完全に前と同じものです。

最初の悪いニュースは、Pro バージョンではゴーグル前面の、数字を表示するディスプレイが機能しなくなりました。単なる飾りです。

170603_2 Eachine VR D2 Pro


出力チャンネルは 2つあります。最初のチャンネル AV1/RF はデフォルトのチャンネルで、FPV ライブ映像の上に OSD 情報を表示します。2つ目のチャンネル AV2/DVR は“CAM/DVR/QUIT”ボタンを押すと使えます。FPV のライブ映像は表示されますが、OSD 情報は録画画面に表示されます。実際には、AV2/DVR チャンネルを見ながら FPV 飛行するのは難しいです。この場合はフレームレートが 15fps まで下がるからです! 明らかに FPV レースでは使い物になりません。

対策はあります。AV2/DVR チャンネルでビデオ録画を開始( “+”ボタンを押して録画の開始/停止)したら、すぐに AV1/RF チャンネルに切り替えれば、完全なフレームレートで FPV ライブ映像を見ながらレースを楽しむことができます。録画を止めるには、AV2/DVR チャンネルに戻る必要があります。ちょっと面倒ですが、この点は旧型(Eachine VR-D2)と同じです。

AV1/RF チャンネルでは、“+” と “-”ボタンを押してビデオ電波の周波数を選択することができます。もちろん、scan(スキャン)ボタンを押せば自動的に周波数のスキャンが行われます。

ヘッドストラップのバッテリー格納部分が少し改善されています。

旧型(Eachine VR-D2)と同様に、マイクロ SD カードのスロットはゴーグルの上部についています。SD カードは、必ずクラス 10 を使って下さい! でないと、録画時に“CARD ERROR”というエラーメッセージが表示されます。

170603_3 Eachine VR D2 Pro


旧型と同じように、ゴーグルの左右側面のスライダーでフレネルレンズの位置を調整します。フレネルレンズの倍率は 3.5倍です。

ゴーグルとバッテリーの総重量は 450g です。

170603_4 Eachine VR D2 Pro


---------------


次回に続きます。






コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon おすすめ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」管理人の tiger22です。メインブログは「艦船プラモと...」の方で、こちらは親ブログからスピンアウトした、最先端の小さくてマニアックな世界を対象にしています。
同じマルチコプターでも、空撮大好き派の方のお口には合わないと思います。(^_^)