マルチコプター: FPVレースの世界

マルチコプターによる FPVレースに興味をもった tiger22が、個人的にFPVとFPVレースに関連する情報を集めて蓄積するためのブログです。玉石混淆、できるだけ多くの情報を集めたいと思っています。

国内にも合法 FPVレーシング・チーム(yn61さん)

yn61さんからいただいたコメントを、ご本人の了解を得て転載させていただきます。
yn61さんは、アマチュア無線局を開局し、電波法に違反することなく、FPVレースの練習を楽しんでいらっしゃいます。

---------------

2014/12/30 yn61さん

はじめまして、「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」は ワルケラやってた頃によく参考にしてました。
ドローンレースですが、練習的にはなりますが身内で既にやっております。
まだ4機ほどの少数チームですが、楽しく遊べる競技です。
無論日本国内ですので、アマチュア無線資格を生かしての5.8Ghz運用です。



2014/12/31 yn61さん

使用機体ですが、私はQAV250 ZMR250
仲間は上記機体とHoverShipやFPVsoonなどの250サイズです。
それぞれ仕様は個々に違い3Sまたは4Sで飛ばしています。

クラッシュしても普段はプロペラ破損程度ですので、その場で修復が可能ですが(無論コストも安上がり)、時としてモーターの砂噛みやFPV送信機のアンテナ破損があるため、予備機体として一人2機は持っています。

最初は機体・フライトコントローラーの選定で悩むと思いますが、 ZMRが今のところコスパに優れてます。
フライトコントローラーは、NAZE32Acroが日本人には設定も含めて楽でしょうね。

また、FPV機材ですが画像の遅延を考慮するとアナログ5.8Ghz以外は考えられませんね。
空撮目的でのんびり飛ばすなら技適2.4Ghzでも大丈夫ですが、アクロ飛行は舵の遅れは即墜落ですので。
最低アマチュア無線4級資格と機器の認証が必要ですが、既に摘発された人も居ますのでここは必ず押さえておくべきだと思います。

わかる範囲でしたらお答えしますので聞いてください!(^^)!


---------------


yn61さんは、「違法状態でのFPVや他人を傷つけたり財産を傷つけたりのフライトは、自分たちの首を絞めるだけでなくマルチコプターの業界も脅かすことになるので、そこだけは避けたいところです。」と、おっしゃっています。

tiger22も同感です。今年は日本でもドローン規制が始まろうとしています。電波法その他の法律を犯すような行為は、我々ホビースト自身や業界の首を絞めることにつながります。今こそ自重の必要な時です。

なお、yn61さんは2015年5月頃に、本格的なFPVレースの開催を計画されているとのことです。影ながら応援させていただきます。(^_^)






無線局免許状が届きました。
tiger22 さん、みなさん
こんにちは!

雨模様が続く今日この頃ですが、ちょっとご無沙汰しました。

6/18にTSSさんに郵送で申請していた5.75GHzFPVのアマチュア無線局免許状が、7/2付で届きました。

申請したVTxがこの分野で実績あるTS832を採用したので、添付資料の実物写真、データシートは省略できて、申請中の連絡・問合わせもなく、2週間で下りました。

免許取得まで1カ月ほどかかるものだと思い込んでいたので、まだFPV受信モニタや空撮用スポーツカメラを選定中ですが(笑)、TS832が3S仕様なので、QAV250 ZMR250のクローン2機(いずれもCC3D)、庭で初ホバリングしたところです。

広いところで飛ばしたいのですが、東京近郊飛ばせる場所を探してはいるものの、まだ見つからず、おとなしく自宅庭で調整中です(笑)。

以上、無線局申請が予想したほど苦労しなかったご報告でした!

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2015/07/05 12:07 ] [ 編集 ]
Re: 無線局免許状が届きました。
南兄(nanni)さん、こんにちは。(^_^)

無線局開局、おめでとうございます。
アマチュア無線の資格さえあれば、開局は比較的簡単なようですね。

おっしゃるとおり、首都圏では飛ばす場所が一番の障害になりそうです。

私も迷っています・・・。
[ 2015/07/06 09:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon おすすめ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」管理人の tiger22です。メインブログは「艦船プラモと...」の方で、こちらは親ブログからスピンアウトした、最先端の小さくてマニアックな世界を対象にしています。
同じマルチコプターでも、空撮大好き派の方のお口には合わないと思います。(^_^)