マルチコプター: FPVレースの世界

マルチコプターによる FPVレースに興味をもった tiger22が、個人的にFPVとFPVレースに関連する情報を集めて蓄積するためのブログです。玉石混淆、できるだけ多くの情報を集めたいと思っています。

FPV 用ビデオ送信機の選定条件

日本国内で FPV を合法的に行うためには、アマチュア無線局の開局申請を行い、無線局免許を受ける必要があります。また、免許申請に先だって、使用する送(受)信機を決める必要があります。

送信機の選定条件としてすぐに思いつくのは、入手しやすく、高性能で信頼性が高く、できるだけ軽量で、価格が安いことです。そして、日本ではもう 1つ条件が加わります。それは開局申請に必要な、送信機データ(データシート)が容易に入手できることです。

このあたりの情報に関しては、「アマチュア無線でRC FPVを楽しむ」さんや「APM info by o kei」さんで、惜しげもなく提供されていらっしゃいます。ほんとうに助かります。この場を借りて、あらためてお礼申し上げたいと思います。m(_ _)m

「アマチュア無線でRC FPVを楽しむ」によりますと、現状において使用事例と情報量が多いのは TS832送信機と RC832受信機のようです。少し調べてみると、TS832送信機と RC832受信機には、Boscamや、SkyZoneや、Foxtechなどのブランドがあることがわかりました。
写真を見る限りではどれも同じに見えます。しかし、本当に全部同じなのでしょうか。一応、調べてみる必要がありそうです。

150125_1 Boscam TS832

Boscam TS832 FPV 5.8G 32CH 600mw Wireless AV Transmitter 49.99米ドル


150125_2 Boscam TS832 RC832

Boscam FPV 5.8G 600mW 32CH Wireless Transmitter Receiver TS832 RC832 96.60米ドル


私はとりあえず、送信機を 2台と受信機を 1台購入する予定ですので、上記 Banggood から買えば合計で 146.59米ドル(送料無料)となります。現在の為替レートだと、18,000円弱でしょうか。

1つ気になる問題は、送信機のサイズと重量です。TS832送信機の大きさは 54mm × 32mm × 10mmで、重さは 22gとなっています。250サイズのクアッドに載せるには、もう少し小さい方が良さそうです。
「アマチュア無線でRC FPVを楽しむ」では、他にも送信機が紹介されていますが、その中で、250クアッド用の軽量送信機として推奨されているのは、TS-5823送信機です。ネットで検索してみると、下のものがヒットしました。

150125_3 Skyzone TS5823

Skyzone TS5823 5.8G 200mW 32CH AV Transmitter Module  20.49米ドル


Skyzone TS5823送信機の大きさは 40mm × 23mm × 8mmで、重さは 10gですから、こっちの方が良さそうです。ユーザー投稿を読むと、ビデオ品質も高く、電波が 1kmまで届いたという報告もあります。価格も安いです。Boscam の受信機(RC305、RC802)で問題なく動作するとの報告がありますが、RC832でも問題のないことの確認をとりたいですね。

また、申請にあたって「アマチュア無線でRC FPVを楽しむ」の公開資料をそのまま使えず、データシートの一部を自分で作成する必要があるというのも、文科系の私にはかなり気になります。(^^ゞ

もう少し時間をかけて、送受信機について調べて見ることにしましょう。






管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/10/01 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon おすすめ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」管理人の tiger22です。メインブログは「艦船プラモと...」の方で、こちらは親ブログからスピンアウトした、最先端の小さくてマニアックな世界を対象にしています。
同じマルチコプターでも、空撮大好き派の方のお口には合わないと思います。(^_^)